これから家を建てようと思っているあなたへ

もし、あなたがこれから自宅を建てようと計画されていたり、あるいは今まさに計画中であるのなら、おめでとうございます。夢のマイホームはすぐそこにあります。

おそらくあなたは工務店やハウスメーカーや設計事務所で担当者と新居について、様々なお話をしているかと思います。

このブログはそんなあなたに有益な情報をお届けするブログになっています。

あなたの自宅を設計するのは設計者だけではありません。あなた自身も参加するべきなんです。必ず参加して下さい。あなたが新しい家に求めていることの数々は、設計のスタートであり、ゴールなのです。

それゆえ、あなたは設計者に要望を伝えることだけでなく、その要望を実現する前に立ちはだかる問題を設計者と一緒になって解決する権利と義務があります。

とはいいつつも

住宅を完成させるまでに解決すべき問題は莫大です。しかもその優先順位はそう簡単には決定できません。できることなら要望の全てを盛り込みたいところなんですが、日程・予算等でそれを可能にしてくれることはまずできないでしょう。

例えばキッチンはどれにしよう?お風呂はどこのメーカーにしよう?床材の色はインテリアと合うのかな?リビングは吹抜にしてほしいけど、予算は大丈夫かしら?
庭にバーベキューができる、ウッドデッキが欲しい!けど駐車スペースは3台は欲しいな…。

そこで必要なのは何を削って、何を取るかの判断力と決断力です。最終的には、建築主であるあなたに委ねられるのです。

二者択一の決断を迫られたときは、得られるものと失うものを前に両者をじっくり検討せねばなりません。上の例でいくと庭でバーベキューができるようにするには駐車スペースを削らないと実現できません。設計士はアドバイスはできますが、今後の暮らしを考え、どちらを選択するのはお客様になります。

専門的なことは設計者に任せるにしても、問題の原因と結果の予測は、あなたと設計者で認識しておかなけらばいけないのです。

このブログをとおして住宅設計の過程をわかって頂けると幸いです。

PR
GetMoney
JALカード
アフィリエイト相互リンク
貯蓄
工務店向け集客ノウハウ
生命保険の口コミ.COM
生命保険の選び方
クレジットカードの即日発行じゃけん
お家の見直ししま専科
健康マニアによる無病ライフ
女性向けエステ.com
マッサージのリアル口コミ.com
住宅リフォーム総合情報
英語上達の秘訣
英語上達の秘訣