一戸建て住宅にシューズクロークはマスト!?

一戸建て住宅を建てようと思っている人に送りたいアドバイスとしては、「シューズクロークは便利だぞー!」というものですね。私は可児市でマイホームを新築しました。とはいえ、今建てられている住宅は、そのほとんどがシューズクロークを持っている住宅だといえるかも知れませんが。まあそうは言いましても、厳密に調べていくと違うのかも知れません。しかしそう言ってしまいたくなるほどに、「今時の住宅にはシューズクロークがある印象」というものです。決して間違いではないと思うほどに。それに、備え付けのものではなく、後から下駄箱を入れますと、デッドスペースが多くできてしまうことになりかねないのです。だって、自分の家の玄関ピッタリの下駄箱って滅多に売られていないものですから。そもそも玄関の大きさは、その家々でサイズもさまざまだったりしますからね。ですからやはり、デッドスペースを作らないためにも「玄関には備え付けのシューズクローク」をつくることをオススメします。なんなら、靴を履いたまま入れる土間収納を作り、その中にシューズクロークを作っておくのもいいでしょう。靴は子供が生まれてからとくに、どんどんと増えていく傾向がありますので、あらかじめ大き目のシューズクロークを作っておくのもいいでしょう。